国産のスポット剤 マイフリーガード 犬用 S 2箱 2~10kg未満 0.67ml×6本入×2箱 ファクトリーアウトレット フジタ製薬 ジェネリック医薬品 ノミ 送料無料 動物用医薬品 マダニ駆除薬 マイフリーガード,/chortler472865.html,国産のスポット剤,【送料無料】,フジタ製薬,ペット・ペットグッズ , 動物用医薬品 , 犬用 , ノミ・ダニ駆除薬,S,ノミ・マダニ駆除薬,0.67ml×6本入×2箱,ジェネリック医薬品,2~10kg未満,food-biz.jp,犬用,2926円,【2箱】,動物用医薬品 マイフリーガード,/chortler472865.html,国産のスポット剤,【送料無料】,フジタ製薬,ペット・ペットグッズ , 動物用医薬品 , 犬用 , ノミ・ダニ駆除薬,S,ノミ・マダニ駆除薬,0.67ml×6本入×2箱,ジェネリック医薬品,2~10kg未満,food-biz.jp,犬用,2926円,【2箱】,動物用医薬品 国産のスポット剤 マイフリーガード 犬用 S 2箱 2~10kg未満 0.67ml×6本入×2箱 ファクトリーアウトレット フジタ製薬 ジェネリック医薬品 ノミ 送料無料 動物用医薬品 マダニ駆除薬 2926円 国産のスポット剤 マイフリーガード 犬用 S 【2箱】 2~10kg未満 0.67ml×6本入×2箱 ノミ・マダニ駆除薬 動物用医薬品 ジェネリック医薬品 フジタ製薬 【送料無料】 ペット・ペットグッズ 動物用医薬品 犬用 ノミ・ダニ駆除薬 2926円 国産のスポット剤 マイフリーガード 犬用 S 【2箱】 2~10kg未満 0.67ml×6本入×2箱 ノミ・マダニ駆除薬 動物用医薬品 ジェネリック医薬品 フジタ製薬 【送料無料】 ペット・ペットグッズ 動物用医薬品 犬用 ノミ・ダニ駆除薬

国産のスポット剤 マイフリーガード 犬用 お中元 S 2箱 2~10kg未満 0.67ml×6本入×2箱 ファクトリーアウトレット フジタ製薬 ジェネリック医薬品 ノミ 送料無料 動物用医薬品 マダニ駆除薬

国産のスポット剤 マイフリーガード 犬用 S 【2箱】 2~10kg未満 0.67ml×6本入×2箱 ノミ・マダニ駆除薬 動物用医薬品 ジェネリック医薬品 フジタ製薬 【送料無料】

2926円

国産のスポット剤 マイフリーガード 犬用 S 【2箱】 2~10kg未満 0.67ml×6本入×2箱 ノミ・マダニ駆除薬 動物用医薬品 ジェネリック医薬品 フジタ製薬 【送料無料】



商品名
マイフリーガード 犬用 S 2~10kg未満
効能効果
犬に寄生するノミ、マダニの駆除
*添付文書をよくお読みの上、使用して下さい。
内容量
0.67ml×6本入×2箱
主成分
1ml中 フィプロニル 100.0mg
用法用量
10週齢及び体重2kg以上の犬の肩甲骨間背部の被毛を分け、皮膚上に直接次の投与量を滴下する。なお、体重60kg以上の犬は4.02ml入り容器1個と適当な容量規格の容器1個の全量を用いる。

体重・容量規格
・10kg未満/0.67ml入り容器1個全量
・10~20kg未満/1.34ml入り容器1個全量
・20~40kg未満/2.68ml入り容器1個全量
・40~60kg未満/4.02ml入り容器1個全量
注意事項
【一般的注意】

(1)本剤は効能・効果において定められた目的にのみ使用すること。
(2)本剤は定められた用法・用量を厳守すること。
(3)本剤は獣医師の指導の下で使用すること。

【犬に対する注意】

1.制限事項
(1)犬以外の動物には使用しないこと。特にウサギに使用しないこと。
(2)本剤使用前後2日間は、水浴あるいはシャンプーを行わないこと。
(3)衰弱、高齢、妊娠中あるいは授乳中の犬あるいは薬物治療を受けている犬に対して使用する場合には獣医師に相談すること。
(4)犬の眼に入らないように注意すること。傷のある皮膚には滴下しないこと。

2.副作用
(1)副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けること。
(2)もし、動物が舐めた場合、溶媒の性状のため一過性の流涎、アルコール様中毒症状(嘔吐、食欲不振)が観察されることがある。そのため、本剤投与後乾燥するまではお互いに舐めないように注意すること。
(3)まれに、他の外用殺虫剤と同様に、本剤を使用後、個体差による一過性の過敏症(投与部位の刺激によるそう痒、発赤、脱毛)が起こることがあるので、症状が持続又は悪化する場合は、速やかに獣医師の診察を受けること。
(4)まれに、溶媒の性状のため本剤を投与した部位の被毛に脱色や変色が起こることがある。

3.適用上の注意
(1)本剤は外用以外に使用しないこと。
(2)本剤は1回投与すると通常ノミに対し1~3ヵ月間、マダニに対し約1ヵ月間新規の寄生を防御することができるので、次回の投与はそれを考慮して行うこと。
免責事項
本サイトに掲載されている商品情報は、商品パッケージやカタログ、またはメーカーから提供された情報に基づくものであり、その内容について当社は責任を負いかねます。これらについてのお問い合わせはメーカーに直接行っていただきますようお願いいたします。また、メーカーによる仕様変更に伴い商品の表記と実際の仕様が異なる場合がございます。

国産のスポット剤 マイフリーガード 犬用 S 【2箱】 2~10kg未満 0.67ml×6本入×2箱 ノミ・マダニ駆除薬 動物用医薬品 ジェネリック医薬品 フジタ製薬 【送料無料】

病原真菌研究をリードする

トピックス

2021.11.1
共同利用・共同研究拠点「真菌感染症研究拠点」令和4年度共同利用・共同研究および研究会の公募を開始しました。
申請期限:令和4年1月4日(火)
2021.10.19
バイオリソース管理室(IFM)ニュースレター Vol. 4を発行しました。
2021.10.12
微生物資源分野、特任研究員・特任助教の公募情報を公開しました。
2021.9.13
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
荒瀬 尚 教授(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 微生物病研究所免疫化学分野)

『新型コロナウイルスに対する感染増強抗体と中和抗体』
日時:令和3年10月5日(火)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Zoom)
2021.9.2
筑波大学の萩原 大祐 准教授(千葉大学真菌医学研究センター客員准教授)と当センターの高橋 弘喜 准教授が実施している共同研究について、筑波大学と千葉大学から次のとおりプレスリリースされました。
植物球根がヒト病原真菌の薬剤耐性を多様化させる温床になっている可能性を確認
2021.8.26
臨床感染症分野のHazim O. Khalifa特任助教の論文が、Journal of FungiのEditor's Choice Articlesに選出されました。
詳細はこちら(外部サイト)
2021.8.17
ギャラリーにコラム記事「ウイルス感染症に合併する内臓真菌症の新たな脅威」を掲載しました。
2021.8.2
ギャラリーにコラム記事「自然災害と真菌症」を掲載しました。
2021.5.31
第34回病原真菌講習会中止のお知らせ
2021.5.19
ギャラリーにコラム記事「COVID-19患者に合併するムーコル症について」を掲載しました。
2021.4.30
令和3年度春の叙勲にて、センター長の笹川千尋先生が瑞宝中綬章を受章されました。
長年の研究・教育へのご功労が認められての受章となります。
センター教職員一同、この度の栄えあるご受章を心よりお喜び申し上げます。
2021.4.28
当センターとブラジルのサンパウロ州立カンピーナス大学が連携して取り組んでいるAMED/JICA地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)について、研究の紹介動画が公開されました。
>> 動画はこちら(日本医療研究開発機構(AMED)の公式Youtubeチャンネル)
2021.4.28
当センターの正門が新しくなりました。

また、亥鼻キャンパスに医学系総合研究棟が完成しました。
【関連記事】
2021.4.20
バイオリソース管理室(IFM)ニュースレター Vol. 3を発行しました。
2021.4.16
第34回病原真菌講習会の募集要項を公開しました。
2021.4.1
矢部 力朗 助教が千葉大学学術研究・イノベーション推進機構にご栄転されました。
村長 保憲 特任助教が国立感染症研究所真菌部にご栄転されました。
2021.3.22
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
石井 健 教授(東京大学医科学研究所 感染・免疫部門 ワクチン科学分野)

『ワクチン開発研究の新展開;mRNAワクチンと核酸アジュバントの次へ』
日時:令和3年5月6日(木)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Zoom)
2021.3.18
令和2年度 真菌医学研究センター若手ベスト論文賞の受賞者は、Hazim O. A. Khalifa 特任助教に決定しました。
2021.2.24
「東京大学医科学研究所-千葉大学真菌医学研究センター 国際共同利用・共同研究拠点事業 2020年度 成果報告会」のお知らせ
日時:令和3年3月9日(火)~11日(木)の3日間開催
※いずれの日も13:30から開始
場所:オンライン開催(Zoom)
2021.2.15
米山教授らによるウイルス感染センサーに関する総説が、Cellular & Molecular Immunology誌に掲載されました。
論文はこちら(外部サイト)
2021.1.27
千葉大学、ブラジルサンパウロ州立カンピーナス大学、栄研化学株式会社、独立行政法人国際協力機構(JICA)の四者間で行っている下記事業の開始について、千葉大学からプレスリリースされました。
ふたご 双子 女の子ふたご 女の子双子 同色同柄 【レンタル】お宮参り 女の子 / 1004淡ピンク地にぽんぽん菊とうさぎ / レンタル 帽子 よだれかけ 着物 お宮参り着物 女児 祝い着 女 のしめ 産着 初着 宮参り 京都 赤ちゃん ベビー帽子セット無料レンタル かわいい 送料無料
【関連記事】
2021.1.13
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
河岡 義裕 教授(東京大学医科学研究所 感染・免疫部門 ウイルス感染分野)

『新型コロナウイルス:これまでにわかったこと』
日時:令和3年2月9日(火)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Zoom)
2020.12.21
竹下 健一 先生(感染症制御分野)が、第24回日本ワクチン学会(2020年12月19日~20日)にて学術集会若手奨励最優秀賞を受賞しました。
2020.12.21
2020年12月1日、理化学研究所環境資源科学研究センターと、千葉大学植物分子科学研究センター及び関連する6部局(大学院薬学研究院、大学院園芸学研究科、大学院理学研究院、大学院工学研究院、真菌医学研究センター、環境健康フィールド科学センター)は、互いの研究推進のための連携・協力に関し、協定を締結しました。
本協定により緊密に連携して研究協力を促進することで、「植物科学及びそれらの学際領域」に関連する研究分野について相互の発展が期待されます。

【関連記事】
2020.12.18
筑波大学の萩原 大祐 准教授(千葉大学真菌医学研究センター客員准教授)と当センターの矢口 貴志 准教授が実施している共同研究について、筑波大学と千葉大学から次のとおりプレスリリースされました。
従来の定説を覆す増殖装置を持つRNAウイルスの発見
2020.11.30
千葉大学、ブラジルサンパウロ州立カンピーナス大学、栄研化学株式会社、独立行政法人国際協力機構(JICA)の四者間でSARS-CoV-2検出キットの性能検証についての国際共同研究事業を立ち上げ、このたび調印式が行われました。
>>詳しくはこちら(国際交流活動のページ)

【本件に係るプレスリリース・記事】
2020.11.27
11月23-27日に行われたブラジル主催のバーチャル国際シンポジウムにて、渡辺哲准教授と伴さやか助教が講演を行いました。
>>詳しくはこちら(国際交流活動のページ)
2020.11.9
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
長谷 耕二 教授(慶應義塾大学薬学部)

『腸内細菌と栄養シグナルによる腸管免疫系の制御』
日時:12月1日(火)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Microsoft Teamsを使ったWebセミナー)
2020.10.24
千葉大学主催の「災害治療学シンポジウムin千葉」が、ゐのはな記念講堂で開催されました。
本シンポジウムでは、熊谷俊人千葉市長、太田洋いすみ市長を招き、台風被害やコロナ禍などの複合災害に対する自治体および大学の取り組みについて、議論が交わされました(当日の様子 ※医学部HP)。
当センターからは、亀井教授と米山教授がそれぞれ「カビの脅威」と「コロナ禍」について講演しました。
千葉大学ではこれらの課題解決を目指し、亥鼻キャンパス内に「災害治療学研究所」の設立を目指しています。
2020.10.2
バイオリソース管理室(IFM)ニュースレター Vol. 2を発行しました。
2020.9.29
当センターに超解像顕微鏡 Leica STELLARIS 5が設置されました。
>> 研究施設と設備について
2020.9.16
石和田 稔彦 准教授が、2019年度 公益社団法人日本小児科学会雑誌 優秀査読者賞を受賞しました。
2020.8.27
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ(終了しました)
Fábio Seiti Yamada Yoshikawa 特任研究員(千葉大学真菌医学研究センター 感染免疫分野)

日時:9月23日(水)16:00~17:00
場所:オンライン開催(Microsoft Teamsを使ったWebセミナー)
2020.7.14
東京医科歯科大学の芦田浩 准教授(千葉大学真菌医学研究センター客員准教授)と鈴木敏彦 教授の研究グループが、当センターの笹川千尋 特任教授と実施している共同研究について、東京医科歯科大学と千葉大学から次のとおりプレスリリースされました。
「腸管病原菌による宿主細胞死クロストーク抑制機構の解明」― 赤痢菌の新たな感染戦略を解明 ―
2020.6.1
当センターの前身である生物活性研究所の元所長 新井 正 先生(千葉大学名誉教授)が、5月16日にご逝去されました。
センター教職員一同、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
>> 【訃報】新井正先生
2020.5.19
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、6月30日~7月3日に予定していた「第34回病原真菌講習会」の開催を延期します。延期後の開催予定については未定です。
2020.3.25
バイオリソース管理室(IFM)ニュースレター Vol. 1を発行しました。
2020.3.24
IFM菌株ご利用の皆様へ(生物遺伝資源の分譲と使用に関する同意書の改定及び提供料金改定のお知らせ)
2020.3.24
第34回病原真菌講習会の募集要項を公開しました。
2020.2.20
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、3月9日に予定していた「東京大学医科学研究所-千葉大学真菌医学研究センター 共同利用・共同研究拠点事業 2019年度 成果報告会」は中止になりました。
2020.2.5
「感染症研究グローバルネットワークフォーラム2019」を開催しました。
2019.12.11 更新
アーモンド小魚 瀬戸内海産 大袋 アーモンド小魚 瀬戸内海産 大袋(370g)を開催します。
日時:2020年1月11日(土)9:50~17:15(9:30受付開始)
場所:千葉大学医学部附属病院ガーネットホール
また、前日にポスターセッションを開催します。
日時:2020年1月10日(金)13:30受付開始 14:30ポスターセッション開始
※受付開始が13:00から13:30に変更になりました
場所:千葉大学医学部附属病院セミナー室3
2019.12.23
千葉東高等学校の生徒の皆さんがセンター見学にいらっしゃいました。
>> 当日の様子
2019.11.06
「真菌医学研究センターMonthlyセミナー」のお知らせ
山崎 晶 教授(大阪大学 微生物病研究所 分子免疫制御分野)
日時:11月19日(火)16:00~17:00(終了しました)
場所:真菌医学研究センター大会議室
2019.7.22
市川学園市川高等学校の生徒の皆さんがセンター見学にいらっしゃいました。
>> 当日の様子
2019.6.5
令和元年6月4日(火)、千葉大学真菌医学研究センター市民向け公開セミナーをペリエホールにて開催いたしました。
>> 当日の様子
2019.5.20
知花 博治准教授(病原機能分野)が、世界初アカデミア発の抗真菌薬をめざして、株式会社ドラッグジェノミクスを設立しました。
>>詳しい内容はこちら(株式会社ドラッグジェノミクスホームページ)
2019.5.20
第33回病原真菌講習会の募集受付を始めました。
2019.5.13
竹内典子特任助教(感染症制御分野)が、日本化学療法学会学術奨励賞を受賞しました。